査定時の交渉のコツとは

中古車を査定するときには、いくつかの基準があります。その基準を元にして、査定員が価格をつけていくことになります。しかしここで注意が必要です。それは、査定を行う査定員は人間で、それぞれに感情を持っているということです。ですからもしも、査定員が中古車について悪い印象を持ってしまうと、マイナスの部分だけが目立ってしまう可能性もあります。すると、普通よりも悪い査定額になってしまうという可能性もあります。ですから、悪い印象をもたれないようにするための工夫も必要であるということは、覚えておくといいでしょう。例えば、車内がごちゃごちゃしているのと整理されてすっきりしているのとでは、査定員の印象も変わってくる可能性があります。ごちゃごちゃしている車は、どうしても「汚い」という印象を持ちやすくなってしまいます。すると、査定でマイナスに作用をしてしまう可能性があります。掃除をすることは自分で行うことができますから、行っておくべきといえます。

とにかくにきれいにすること

また自動車の中に、いろいろな荷物をしまっているという人も多いかもしれません。トランクは、比較的コンパクトな自動車でも、けっこういろいろなものを積み込むことができるようになっていることも少なくありません。ですから、普段使っていないようなものを、トランクの中に置きっぱなしにしているというケースも多いようなのです。しかしいろいろな荷物があると、査定もしづらくなります。また、ごちゃごちゃしている印象を持たせることになってしまって、これまた査定員の印象を悪くする恐れがあります。ですから、不要な荷物があれば、取り除いておくようにすることも、査定をいい方向にもっていくための一つのテクニックと思ってもらっていいでしょう。また自動車についての情報をできるだけ多く残しておくことも重要です。車検証を持っているかと思いますが、このほかにも整備記録簿や自動車の取り扱い説明書なども保管をして提示をすると、いい印象を持ってくれるはずです。

トップへ戻る