走行距離と査定額との関係

中古車の査定額を決める要素には、いろいろなものが考えられます。その中でも欠かすことができない要素として、走行距離が挙げられます。自動車のパーツを見てみると、消耗品のところが結構あります。つまり、走行距離が長ければ長いほど、購入をした後に故障をするリスクも高くなってしまうことを意味しています。ですから、一般的には、走行距離が長ければ長いほど、査定額は低くなるという現象が起こります。しかも走行距離の目安は、万単位で決まっていくことも少なくありません。ですから、48000キロと5万キロでは、2000キロしか走行距離に違いがみられません。しかし5万キロの方が、査定額がガクッと下がるということもしばしばみられる現象といえます。ですから、もし自分の自動車を売ることを前提にしている場合には、どれくらいの走行距離を走っている車なのかということを把握しておいた方がいいでしょう。

走行距離が極端に少ないのもNG

しかし走行距離が少ないというだけで、それが査定額にプラスになるかというと、すべてのケースでそう言い切れるわけではないということも、頭の中に入れておくといいでしょう。例えば、年間当たりの走行距離が極端に少ない車種は、査定額が低くなってしまいます。自動車は、動かし続けることはよくありませんが、適度に動かしていくことが、グッドコンディションを維持するために必要と考えられています。ですから、走行距離が少なすぎるというのも、自動車に不具合を起こさせやすい要因になりえるのです。一般的に普通自動車であれば、年間に1万キロ程度、軽自動車であれば8000キロ程度、走行をしておくといいとされていますので、目安にしておきましょう。

生命保険の相談を千葉でご検討ならマネモで検索

トップへ戻る