マーケットのニーズ

自動車を売却すると、買取業者はその中古車を今度は売却することになります。ということは、中古車の査定をするときに、マーケットで人気のある車種かどうかということも大きく考慮されることになります。すぐに次のオーナーが見つかりそうな車種であれば、高額査定を期待することができるようになります。逆になかなか次の買い手がつかない中古車というのは、ずっと在庫を業者の方で保管をしておかないといけません。自動車をキープするだけでも、維持費がかかってしまうことになります。そのコストのリスクから判断をして、どうしても査定額が安くなってしまう傾向があるわけです。ですから、もし将来的には、中古車として売却を検討しているのであれば、その自動車が売れる車種なのかどうかということも判断材料の中に入れておくといいかもしれません。

ボディーカラーも重要

自動車を購入するときに、車種以外にもボディーカラーを見て決めるという人も多いのではないでしょうか?中古車業界では、自動車のボディーカラーによって、全く同じ車種であっても査定額が変わってくることもあります。自動車の色の中で、わりと高額査定が付きやすいのは、パールホワイトやシルバー、ブラックといったところではないでしょうか?いずれも共通しているのは、わりと無難で、ポピュラーなカラーであるという点です。実は、あまり個性的な色ではなく、無難なカラーの方が、売りやすいということで、高額査定が付きやすい傾向があるのです。ただし、特定の車種にはこれというものもあります。例えば、スポーツカーのフェラーリでは、深紅のボディーカラーが特徴になっています。ですから、赤の車種の方が圧倒的に査定額が高くなる傾向があります。

トップへ戻る