動作確認をする

自動車を買取依頼をするときには、どこかに故障を抱えていないかどうかについてもチェックをするといいでしょう。特にランプやエアコン、クラクションといったもんについては、自分で動作確認をすることができるはずです。ですから、査定の依頼をする前に、きちんと動かすことができるかどうかについて、確認をしておくといいでしょう。もしかすると、どこかに不具合が生じている可能性もあるかもしれません。その場合、まずはディーラーなどで相談をするといいでしょう。簡単に治すことができるものであれば、修理をしておけば、もしかすると査定額が多少アップするかもしれません。しかしもし大掛かりな修理が必要という場合には、そのままの状態にしておくといいでしょう。確かに査定額はダウンしてしまうことでしょう。しかし大掛かりに修理をして、修理代を支払っても、それだけの査定額のアップを期待することは難しいというのが一般的だからです。

トップへ戻る