ボディーのへこみの処理について

自動車のボディーに傷が付いていることもあるかもしれません。傷についてですが、レベルによって、対処法が変わってきます。もし簡単な傷のレベルであれば、カー用品店で、傷消しの塗料が販売されていると思います。それを使って傷消しをしておくのも一つの方法といえるでしょう。しかし取り扱い方については、注意が必要です。塗り方や色を間違えることで、かえって傷口が目立ってしまうことがあります。すると、かえってマイナス査定を引き出すことにもなってしまいかねません。十分に取り扱い説明書を読んで、理解したうえで、傷消しを使うように心がけましょう。また中には、かなり目立つ傷やへこみがあるという自動車もあるかもしれません。もし便金塗装をしなければ、傷をなくすことができないという場合には、何もしないことをお勧めします。査定額はダウンするかもしれませんが、修理費用のもとがとれるほど、査定額が修理をすることでアップすることもありません。

トップへ戻る