オイルの点検を行う

人間の身体の状態を検査するときに、血液検査をすることは、広く知られていると思われます。血液は全身をくまなく回り、栄養分を届け、老廃物を受け取る働きがあります。血液検査で、いろいろな内臓の状態などを把握することができます。実はこの人間にとっての血液の働きをになっているものとして、オイルが挙げられます。オイルの状態の良しあしによって、自動車の状態や、自動車が今後故障をするリスクがあるかどうかについて、確認をすることができるとされているのです。もしオイルが悪くなっているとすれば、早めに交換をして、きれいなオイルに交換をすることが重要です。一般的にオイルの交換は、半年から1年ごとに交換をするのが好ましいとされています。しかしもし普段から長距離の移動を自動車で行っているとか、ターボ車を使っているという場合には、もっと早い段階で、オイルがダメになってしまう可能性もあります。ですから、早め早めの交換を心がけることをお勧めします。

オイルエレメントの交換

またオイルと同じくらい重要な項目として、オイルエレメントと呼ばれるパーツがあります。オイルエレメントとは、オイルのろ過をさせるためのフィルターのことを言います。オイルエレメントが汚れてしまうことでも、オイルの汚れを誘発し、自動車に悪い影響をもたらすことになってしまいます。ですから、フィルターの交換もきちんと行っておくようにしましょう。オイルエレメントの交換についてですが、オイルの交換2回行ったときに同時に交換をするのがいいとされています。オイルエレメント自体は1000円程度で購入することができます。工場でお願いをしても工賃は500円程度しかかかりません。

トップへ戻る